ZEHご存じですか?
ネット・ゼロ・エネルギーハウス

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の略です。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、太陽光発電などでエネルギーを創る事により、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス『ゼロ』にする住宅を指します。賢く使うためにHEMS(ヘムス:ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を利用するのが特徴です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の説明

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のイメージ図

普通の住宅とZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の違い

普通の住宅とZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の違い

日本政府は、「2020年までにネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを標準的な住宅にする」と目標を掲げています。
その流れは日本に限ったことではなく、世界の至る所で低炭素社会を目指したネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの推進がなされています。日常生活において無駄なエネルギーを排し節約に努めることは世界基準となってきています。

2020年にはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを標準仕様に

2020年までには省エネ基準をすべての住宅に義務づける方針を掲げています。
2030年までには新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す、とする
政策目標が設定されているのです。つまり今後は新築住宅を取得するなら、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスが当たり前の時代にがもうすぐそこまで来ているということになります。

ZEHは130万円の補助金定額があります

ZEHには補助金が交付されます

ZEHの補助金の公募にも多くの申請が集まっています。残念ながら今年度の募集は締め切られていますが、 今後も予算が付けば補助事業は続けていくとの方針です。
※「経済産業省 ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。
補助金制度について詳しく知りたい方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ZEH普及に向けた国のロードマップ

ZEH普及に向けた国のロードマップ

※出所「経済産業省 ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より 2015年12月

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)目標

平成28年度平成29年度平成30年度平成31年度平成32年度
ZEH受託率 20% 20% 25% 40% 60%
その他の住宅受託率 80% 80% 75% 60% 40%
合計 100% 100% 100% 100% 100%

まんてん.では、2020年の省エネ基準義務化に向けてZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準化を進めています。詳しい内容、お話に興味がある方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

  • セミナー・見学会のお申込みはコチラ
Copyright@ MANTEN All Right Reserved.